動物の権利

ブランベルの5つの権利

1965年イギリスのブランベル委員会が動物福祉の原則として動物の5つの権利を啓発しました、今では世界中で動物福祉のベースとして利用されています。
様々なところで訳されていますので微妙なニュアンスはそれぞれ違うと思いますがここでは犬に関して分かりやすくお話したいと思います。

1.Freedom from Disease

病気、危害、痛みに苦しまない権利

病気や怪我の予防や治療、痛みを軽減させる措置を取る等の他に、遺伝的な疾患が出る可能性のある極端な交配を行なわず健康な子犬を作る事が求められます。
日本では現在パピーミル等の母犬をケージに入れたまま産ませ続ける劣悪な環境での乱繁殖も多く見られ、ペットショップでの早期に母犬や兄弟と離別させた生体販売など数多く問題があります。
犬を迎えてからはもちろんですが、迎える前にもどのように繁殖されたのかも考えてみましょう。

2.Freedom from Hunger and Thirst

空腹や喉の渇き、栄養不良に陥らない権利

日々の食事に常に新鮮なお水を飲めるようにする。
特にドライフードを与えている場合は水分不足を補う為に沢山お水を飲む子が多いようです。
外出時に犬用のお水も携帯するなどしましょう。
日本では栄養過多や運動不足により肥満の子も多いのでその子に合った食事を用意しましょう。
ドライフードには人間は決して食べれないグレードの物等もありますので良質なものをローテーションで与えるのが良いでしょう。
自然な状態での犬の食事である生食を強くお勧めします。

3.Freedom from excess Heat and Cold

極端な寒さや暑さ等の不快な状況に置かれない権利

愛犬の置かれている状況はどうでしょうか?
様々な犬種の中には暑さに弱い犬、寒さに弱い犬、また必要ではないのに常に洋服を着せられ毛の抜け変わる換毛期が上手く訪れなくなるケースもあります。
夏にはアスファルトや砂浜がまだ暑い中でのお散歩、炎天下での車内放置による熱中症がみられます。
個体差もありますが犬種の特性を理解し愛犬に合った環境を整えましょう。

4. Freedom of Movement

自由に動ける権利

日常的に暮らしている場所は愛犬にとって十分な広さでしょうか?
自由に動き回って寝そべる等の様々な行動が取れていますか?
留守中にも犬が暇つぶし出来るような環境がありますか?
また、私達人間との関わりを犬から自由に求める事が出来ているでしょうか?
犬小屋に繋いだまま、ケージに入れたままではストレスから身体的に、精神的にも様々な悪影響の出る恐れがあります。

5. Freedom to act our most natural behavior

自然な行動を自由に表現する権利

犬の自然な行動とはなんでしょうか?
これは匂いを嗅ぎまわったり、少し走って辺りを散策したり、獲物を捕らえたりという日常生活に加えて子犬の頃には生後2カ月頃までは親兄弟と共に暮らし、家庭に迎えられてからも身体的、精神的に適度な刺激があり社会化され、人間社会であっても犬としての自然な行動が阻害されず、臆病になったり攻撃的になったりせず楽に暮らしていけるように教え育てましょう。
獲物を捕らえさせてあげる事は出来なくとも擬似的に満足させてあげる事は出来ます。
※社会化に関しては別に記載しています。